Mariamma's Homepage(インド、南アジア総合情報)
マリアンマのHP
What's New
月刊『インド通信』
『インド通信』(インド、南アジア情報月刊誌)
インド通信のHPと最新号情報
バックナンバーとホームページエッセイ
インド通信の催し物ガイド
インド通信の新刊情報(最新版)
新刊情報(バックナンバー)

Title


「インド通信」のホームページへようこそ!


Last Revised: May 7, 2017



<ウェブ版インド通信URL変更のお知らせ>
プロバイダの業態変更に伴い、インド通信ウェブサイトのURLが変更されました。当面の間、旧URLからから転送されますが、リンクやブックマークをしてくださっている場合にはぜひ変更をお願いします。
新URL http://indotsushin.la.coocan.jp/india.htm

 2,3か月前のこの欄でインド人と「騒音」について触れた。
 インドの都市部では日常的に相当な音量の「騒音」が許容され、住民は麻痺ま たは難聴ではと疑われるほど慣れっこになっていて、自らも盛大な騒音をまき散 らしていることが少なくない、といった内容であった。
 そこでは書きそびれたが、「騒音」といえば、デリー空港からそれほど遠くな い一帯には高級とみなされるような住宅地が点在しているのだが、そこでは離着 陸のために低空を飛行する航空機が爆音とも言えるレベルの音をまき散らしてい る。飛行時間の制限はなく(欧米便の多くが深夜発着なのは有名な話)夜中も明 け方も寝床の直上を通過しているかのような爆音に窓ガラスも軋む。厚木基地の 近くに住んだ経験のある人が「負けてませんね」と苦笑したほど。しかもデリー 空港の発着数は年々急増する一方だ。びっしりと家並みが埋め尽くすインドの空 港周辺を見ると、その昔成田空港建設反対闘争のようなものはインドには無縁な のかいな、と思う。空港反対は何も騒音だけが課題ではないのだけれど…。

 ところが、そんな大音量に「寛容」なインド人の間で俄かに論議になっている のがお寺の騒音問題だ。
 厳粛な気持ちを抱いて聖地や史跡に辿り着くや、耳を覆いたくなる大音響があ たりの空間に絶え間なく流れていることに愕然とした経験はないだろうか。慣れ てしまうと、それこそが「インド、来たー」の証であったりもするのだが。ヒン ドゥーやシク寺院なら讃歌(生演奏の場合も)、モスクでは礼拝の呼びかけのアー ザーンなどが寺院に据え付けられた拡声器から、早暁から深夜まで24時間の信心 に応えてエンドレスに流れている。周囲に門前町や土産物屋の並びがあると、そ ちらの側でもあちこちで讃歌や映画音楽を大音量でやっていることも珍しくない。 その音量の中をやってくる参拝客の一団も音に負けじと声を張り上げて話してい る。
 この環境では、どんなにありがたい聖地であっても静謐な気持ちを維持するこ とが極めて難しい…、というのは日本人の感覚で、インド人はそれでも厳粛に参 拝できるんだろうな、と思っていたら、最近インド人の著名人がSNSで「宗教施 設の大音量は異常だ」という批判をしたことをきっかけに論議になり、メディア の調査なども行なわれた。すると宗派に関係なく、寺院・宗教施設の拡声器から 流れる音量は、混雑した道路、工事現場、空港の周辺の騒音をどれも大幅に超え ていた。さらに近隣に別の寺院(特に異なる宗教、宗派であればなおさら)がある と、張り合ってどんどん音量が大きくなるのだという。目立った方に参拝者が流 れてしまうと考えられているからだ。「音が大きいほうが信仰心が強い」という 訳のわからない解釈もまかり通っている。

 近隣住民にしてみれば「お寺では苦情も言いづらい」。僧侶から罰当たりめ、 とでも罵られた日には生きた心地がしない。警察にしても夜中の無法者パーティー には駆け付けても、相手がお寺となると「手が出しにくい」と認めている。メディ アの調査によると80パーセント以上の人が、宗教施設のスピーカーはうるさいと 感じているという。お寺の近くに住んでいるからというだけでなく、お参りする ときももっと静かな方がいいというのが本音だという。騒音に悩みながらお参り するって、どうよ?なのだが、参拝者を集めるための手段だという極めて俗世間 的理由がある限り、トーンダウンには打つ手なしなのかもしれない。



*『インド通信』は1978年創刊の、インド文化交流センターが発行する月刊の情報誌です
*B5版8ページ、毎月最終土曜日発行
*年会費¥2,000 (12部)
*情報締切りは開催前月15日、投稿は随時受付
*入会案内・見本誌をご希望の方は関口まで電子メールでご連絡ください(mariamma[@]mb.infoweb.ne.jp, "[ ]"を外して入力してください)
 月刊「インド通信」2012年2月号で通巻400号となりました。
 (400号:301号〜399号掲載原稿目次号(100円)、300号:1号〜299号掲載原稿目次号(150円)をお分けしています(郵送料別途実費)。関口までメールでお問い合わせください)


1.最新号の目次

Map

2017.5.1発行、第463号


・催し物ガイド
・新刊情報
・南アジア地誌事典 第238回 「カイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所にみる現代ヨーガ事情とヘルスケア」 (平野 久仁子)
#右上の地図のしるしは、これまでに南アジア地誌事典で扱った主な場所
・「掛け金集めのコチュナーニ(前編)」タガリ・シヴァシャンカラ・ピッライ (ムルール卓子訳)

バックナンバー情報のページ

バックナンバーとホームページ・エッセイへのリンク
新刊情報バックナンバーへのリンク



2.好評連載および通信関係者のホームページ

『インド通信』の好評連載の紹介と通信関係者のホームページへのリンクはこちら。


3.インド通信関連書籍

『インド通信』から多くのインド関連本が生まれました。インドや南アジアの「今」を熱く伝えるスタッフの著作などの紹介はこちら


4.スタッフ紹介

臼田わか子(事務局、会費納入先)
 1972年から77年までカルカッタ在住。『インド通信』創設者。
松岡 環(発送部)
 日本を代表するインド映画研究家。『インド通信』創設者。ブログ「アジア映画巡礼」
小磯千尋(渉外)
 プネー大学で宗教と哲学を修める。各分野でインド文化の紹介を行う。
関口真理(編集)
 専門は南アジア近現代史。HPではアメリカのインド人、ネパール、ヒマラヤ周辺の歴史、インド人の英語文学などを紹介しています。あわせてご覧ください(関口のホームページへ)。電子メールでの連絡先は、mariamma[@]mb.infoweb.ne.jp ("[ ]"を外して入力してください)。


 # なお、『インド通信』の現物は、国会図書館、アジア経済研究所図書館、日印協会、ユネスコ・アジア文化センター・ライブラリー国際交流基金アジアセンター、アジア太平洋資料センター(PARC)[以上東京]、アジアセンター21図書館(大阪)、名古屋国際センター・ライブラリーでも閲覧することができます。