Mariamma's Homepage(インド、南アジア総合情報)
マリアンマのHP
What's New
月刊『インド通信』
『インド通信』(インド、南アジア情報月刊誌)
インド通信のHPと最新号情報
バックナンバーとホームページエッセイ
インド通信の催し物ガイド
インド通信の新刊情報(最新版)
新刊情報(バックナンバー)

Title


「インド通信」のホームページへようこそ!


Last Revised: October 7, 2017



<ウェブ版インド通信URL変更のお知らせ>
プロバイダの業態変更に伴い、インド通信ウェブサイトのURLが変更されました。当面の間、旧URLからから転送されますが、リンクやブックマークをしてくださっている場合にはぜひ変更をお願いします。
新URL http://indotsushin.la.coocan.jp/india.htm

 独立70周年の一段落した8月末から9月にかけて、北インドのやや限定された地 域で激しい暴動が発生していた。時節柄、独立の意義や独立の志士たちへの歴史 見解を巡る党派対立でも起きたかと思ったら...

 グルミート・ラーム・ラヒーム・シンは宗教指導者で教主である。
 シク教の家庭に生まれたが、幼い時に父親と入信した一種の新興宗教団で、当 時の教主から後継者として指名される。そして20代の時に教主となって現在に至 る(今年50歳)。教団は彼が創始したわけではないが、現在はほぼ彼のキャラク ターで成り立っている組織である(ように見える)。公称信者数は数千万人だと いうが、私はつい先ごろまで知らなかった。教団主張の教勢には誇張があるよう だが、本拠のあるハリヤナやパンジャーブの一部では草の根レベルに熱心な信徒 がいるらしい。地元政治家との結びつきも強く、現代インドに影響力を持つ特筆 すべき著名人とみなされていた。
 彼の存在を知ったのは、映画館で観た次回上映作の予告映像である。ずんぐり した髭面のオッサンが主人公の安手なドタバタ・コメディらしく、役者の名も聞 いたことがないし、弱小プロダクション製作のローカル(地域言語)ムービーな のだろうと思った。新聞やネットの新作評には紹介文も載らず、星5つが満点の 評価が星1つだったことで記憶に残った。よほどの駄作でも星1つという映画は 他に見た経験がなかったのだ。
 デリー周辺では、よほどのヒット作でなければ新作映画は1,2週間で映画館か ら姿を消す。動画配信やDVDにさっさと販路を切り替えるのだ。ところがこの星 1つ映画は、上映館は少ないながら数週間に渡って続いていた。しかも何でこん な所に突然、と思える妙な場所にポスターが張られていたのも1度や2度ではない。 専門筋の映画評は星1つなのにユーザーコメント(観客評)は軒並み星5つと非 常に高く、ギャップが甚だしい。そもそもこの主演俳優は誰だと調べたところ、 彼は役者ではなく(本人は役者でもあるつもりだが)、最初に書いたような教主 様であることを発見したのだ。この教主は己と教えのスーパーぶりを、非常に今 日的な表現で誇示するのが布教方針であった。そのセンスは正直「笑っちゃう」 ようなものなのだが、華麗なるロックスターであり、「スーパースター・ラジニ カーント」ばりの映画スター、ということで、もっぱら信者向けにコンサートを 開催し映画を作っているのだ。ユーザーコメントの高さとロングラン上映を支え ているのはリピート鑑賞をしているに違いない信徒たちだったのだ(教主翼賛の 布教ムービーゆえ、映画評はまともに取り上げないから星1つであったわけだ)。

 グルミート・ラーム・ラヒーム・シン。ラームはヒンドゥー、ラヒームはムス リム名なので、すべての既存の教えを包含してその上に立つ者として付加した教 主名なのだろう。ラームはヒンドゥーの主要神名だし、ラヒームはひょっとるす ると、北インドでは非常によく知られた歴史上の政治家であり詩人として高名な 人物の名にあやかっているのかもしれない。いろいろケレンたっぷりの教主様な のだ。

 この教主はだいぶ以前からスキャンダルを抱えていた。インドやインド系グル にはあまり珍しくない、信徒に対するセクハラ、レイプの容疑である。この件に 遂に有罪判決が下ったのが8月末。それに対する信徒の抗議が暴徒化して各地を 席巻したのである。
 日本語と英語の音声が入り混じって聞き取りにくい海外ニュースの断片をテレ ビで見かけた時、住宅地の壁に突然貼られた映画ポスターの顔が蘇った。安い印 刷なのかすでに退色しかけている、一目見てなんだこりゃと笑える見かけの男。 それこそが数千万人を率いる(と称する)教主様、彼が大真面目に演じるハチャ メチャ・コメディを一度見ておけばよかったかもしれない。



*『インド通信』は1978年創刊の、インド文化交流センターが発行する月刊の情報誌です
*B5版8ページ、毎月最終土曜日発行
*年会費¥2,000 (12部)
*情報締切りは開催前月15日、投稿は随時受付
*入会案内・見本誌をご希望の方は関口まで電子メールでご連絡ください(mariamma[@]mb.infoweb.ne.jp, "[ ]"を外して入力してください)
 月刊「インド通信」2012年2月号で通巻400号となりました。
 (400号:301号〜399号掲載原稿目次号(100円)、300号:1号〜299号掲載原稿目次号(150円)をお分けしています(郵送料別途実費)。関口までメールでお問い合わせください)


1.最新号の目次

Map

2017.10.1発行、第468号


・催し物ガイド、追加情報あり!
・新刊情報
・南アジア地誌事典 第243回 「ブラジ詩人たちの足跡」 (長崎 広子)
#右上の地図の星印は、これまでに南アジア地誌事典で扱った主な場所
・追悼:辻村節子さん (西岡 由利子) (小磯 千尋)

バックナンバー情報のページ

バックナンバーとホームページ・エッセイへのリンク
新刊情報バックナンバーへのリンク



2.好評連載および通信関係者のホームページ

『インド通信』の好評連載の紹介と通信関係者のホームページへのリンクはこちら。


3.インド通信関連書籍

『インド通信』から多くのインド関連本が生まれました。インドや南アジアの「今」を熱く伝えるスタッフの著作などの紹介はこちら


4.スタッフ紹介

臼田わか子(事務局、会費納入先)
 1972年から77年までカルカッタ在住。『インド通信』創設者。
松岡 環(発送部)
 日本を代表するインド映画研究家。『インド通信』創設者。ブログ「アジア映画巡礼」
小磯千尋(渉外)
 プネー大学で宗教と哲学を修める。各分野でインド文化の紹介を行う。
関口真理(編集)
 専門は南アジア近現代史。HPではアメリカのインド人、ネパール、ヒマラヤ周辺の歴史、インド人の英語文学などを紹介しています。あわせてご覧ください(関口のホームページへ)。電子メールでの連絡先は、mariamma[@]mb.infoweb.ne.jp ("[ ]"を外して入力してください)。


 # なお、『インド通信』の現物は、国会図書館、アジア経済研究所図書館、日印協会、ユネスコ・アジア文化センター・ライブラリー国際交流基金アジアセンター、アジア太平洋資料センター(PARC)[以上東京]、アジアセンター21図書館(大阪)、名古屋国際センター・ライブラリーでも閲覧することができます。