Mariamma's Homepage(インド、南アジア総合情報)
マリアンマのHP
What's New
月刊『インド通信』
『インド通信』(インド、南アジア情報月刊誌)
インド通信のHPと最新号情報
バックナンバーとホームページエッセイ
インド通信の催し物ガイド
インド通信の新刊情報(最新版)
新刊情報(バックナンバー)

Title


「インド通信」のホームページへようこそ!


Last Revised: January 5, 2018



<ウェブ版インド通信URL変更のお知らせ>
プロバイダの業態変更に伴い、インド通信ウェブサイトのURLが変更されました。当面の間、旧URLからから転送されますが、リンクやブックマークをしてくださっている場合にはぜひ変更をお願いします。
新URL http://indotsushin.la.coocan.jp/india.htm

新年のご挨拶を申し上げます。

 「インド通信」は、会費制の紙の誌面と、外部への活動紹介を目的として誌面 の一部を掲載するウェブ版で運営してきましたが、創刊40年にあたる2018年9月 発行の480号(10月号)で紙の誌面を終了する予定です。これまで講読会員とし てウェブ版を閲覧利用して本誌を支えてくださった皆様に、この場をもって深く お礼申し上げます。

 紙誌面終了まで1年を切っても会費購読のお問い合わせをいただき、ありがと うございます。月割の購読料をご案内していますのでお問い合わせください。
 また、誌面終了後は当面ウェブ版を維持して過去原稿やバックナンバーなど、 40年分の「インド通信」について問い合わせ対応すると同時に、「催し物ガイド」 は継続する予定です。その他の対応については今後も決まり次第、随時お知らせ していきます。

 最終号は100号刻みで作成してきた、301号から400号までの目次号です(催し 物ガイドと新着情報は通常どおり)。一般原稿が掲載できる誌面は残りわずかで すので、執筆掲載をご希望の方はお早めにご連絡ください。誌面ファイナルとそ の後の対応について、お問い合わせ、コメントがありましたらぜひお知らせくだ さい。



*『インド通信』は1978年創刊の、インド文化交流センターが発行する月刊の情報誌です
*B5版8ページ、毎月最終土曜日発行
*年会費¥2,000 (12部)
*情報締切りは開催前月15日、投稿は随時受付
*入会案内・見本誌をご希望の方は関口まで電子メールでご連絡ください(mariamma[@]mb.infoweb.ne.jp, "[ ]"を外して入力してください)
 月刊「インド通信」2012年2月号で通巻400号となりました。
 (400号:301号〜399号掲載原稿目次号(100円)、300号:1号〜299号掲載原稿目次号(150円)をお分けしています(郵送料別途実費)。関口までメールでお問い合わせください)


1.最新号の目次

Map

2018.1.1発行、第471号


・催し物ガイド、追加情報あり!
・新刊情報
・南アジア地誌事典 第246回 「プネーでの研修 日印を繋ぐ人材となるために」 (池田梨花・島田高行)
#右上の地図の星印は、これまでに南アジア地誌事典で扱った主な場所
・「マレーシアのタミル語映画 Jagat(残酷の世界)」 (戸加里 康子)

バックナンバー情報のページ

バックナンバーとホームページ・エッセイへのリンク
新刊情報バックナンバーへのリンク



2.好評連載および通信関係者のホームページ

『インド通信』の好評連載の紹介と通信関係者のホームページへのリンクはこちら。


3.インド通信関連書籍

『インド通信』から多くのインド関連本が生まれました。インドや南アジアの「今」を熱く伝えるスタッフの著作などの紹介はこちら


4.スタッフ紹介

臼田わか子(事務局、会費納入先)
 1972年から77年までカルカッタ在住。『インド通信』創設者。
松岡 環(発送部)
 日本を代表するインド映画研究家。『インド通信』創設者。ブログ「アジア映画巡礼」
小磯千尋(渉外)
 プネー大学で宗教と哲学を修める。各分野でインド文化の紹介を行う。
関口真理(編集)
 専門は南アジア近現代史。HPではアメリカのインド人、ネパール、ヒマラヤ周辺の歴史、インド人の英語文学などを紹介しています。あわせてご覧ください(関口のホームページへ)。電子メールでの連絡先は、mariamma[@]mb.infoweb.ne.jp ("[ ]"を外して入力してください)。


 # なお、『インド通信』の現物は、国会図書館、アジア経済研究所図書館、日印協会、ユネスコ・アジア文化センター・ライブラリー国際交流基金アジアセンター、アジア太平洋資料センター(PARC)[以上東京]、アジアセンター21図書館(大阪)、名古屋国際センター・ライブラリーでも閲覧することができます。