Mariamma's Homepage(インド、南アジア総合情報)
マリアンマのHP
What's New
月刊『インド通信』
『インド通信』(インド、南アジア情報月刊誌)
インド通信のHPと最新号情報
バックナンバーとホームページエッセイ
インド通信の催し物ガイド
インド通信の新刊情報(最新版)
新刊情報(バックナンバー)

Title


「インド通信」のホームページへようこそ!


Last Revised: September 17, 2019



 「インド通信」の紙印刷の誌面は、1978年10月の創刊以来40年、2018年10月号 (480号)をもって終了となりました。これまでのご購読、ご支援に深くお礼申 し上げます。今後はこのウェブ版でこれまでの誌面の内容・活動・執筆者に関す る情報など、可能な範囲でお問い合わせに対応いたします。
 ウェブ版もこれまでどおり、月一回月初めの更新を基本として巻頭エッセイ・催 し情報・新着情報を継続します。催し物情報はこれまでどおり、ウェブサイト管 理者までお寄せください。


 先月の本欄で、今、カシミールで起きている難局に触れた。
「難局」という何とも掴みどころのない言葉を使ったのは、結局のところどんなに文字数を費やしても、いくらも事態は掴めないと思うからだが…。
 やはり先月、私はカシミールに足を踏み入れたことがないし、カシミールを身近に感じる間接的なツテもない、とも書いたのだが、その後、カシミール出身の知己がいたことを思い出した。
 故郷を遠く離れた北インドの街でビジネスをやっている人だが、毎年平原部が熱暑の時期になると、留守番を残してオフィスを締め、2,3か月くらいカシミールの実家で過ごしている(カシミールもビジネスに関わっているから、全くの休暇でもないらしいが)。今年はどうしているだろう。一番暑い時期は過ぎたからもう街に戻っているかもしれないけれど、まずはSNSにメッセージを送ってみた。
「・・・・・」
 スマホは黙っている。
 街のオフィス兼店舗ではほとんど手元からスマホを手放さない人だから、普段なら1分と間を置かず返信が来る。
「久しぶり」
「元気?」
「こっちは暑いよ」
 短いメッセージを立て続けに寄こすから、ポン、ポ、ポ、ポ、ポーン、と着信音が鳴り続けるのだ。だがその時は、カシミールは電話やネットなど市民向けの通信網が遮断されていると伝えられていた。鳴らないスマホが、彼がカシミールにいることを教えていた。

 SNSに返信が来たのは結局3,4日ほど後だった。
常時スマホを携帯しているわけではない私が、その時は傍らにスマホを置いていた。 着信音がポン。SNSを寄こす相手は他にもいる、が気になっていたから即画面を見る。
「デリー空港」
「今、着いた」
ポン、ポ、ポ、ポ…、いつも通りに間断なく続く短いメッセージ。
「スイッチ入れたら、メッセージ来てた」
「カシミールでは使えなかった」
「制限されているからね」
「家族はカシミール」
 スリナガルは戒厳令で、町中に軍隊が配備され、市民の自由な行き来はできないはずだ。帰路のチケットを持つ場合だけ、再開した空港に向かうことが許されたものらしい。だがカシミールに住む者の移動は許されないから、家族は実家に残したままということだった。


*『インド通信』(印刷誌面)は1978年に創刊され2018年10月をもって休刊した、インド文化交流センターが発行した月刊の情報誌です。
*催し物情報は、どなたでもご投稿いただけます。掲載形式は本誌のフォーマットに従って調整することがあります。投稿締切りは催し開催前月の15日です。
*2018年10月号(480号)までの印刷版のバックナンバーをご希望の方は、インド通信ウェブサイト管理者・関口まで電子メールでご連絡ください(mariamma[@]mb.infoweb.ne.jp, "[ ]"を外して入力してください)


1.インド通信の情報

・催し物ガイド
・新刊情報

バックナンバーとホームページ・エッセイへのリンク
新刊情報バックナンバーへのリンク


2.インド通信関連書籍

『インド通信』から多くのインド関連本が生まれました。インドや南アジアの「今」を熱く伝えるスタッフの著作などの紹介はこちら


 # なお、『インド通信』(印刷誌面)の現物は、国会図書館、アジア経済研究所図書館[以上東京]、アジアセンター21図書館(大阪)でも閲覧することができます。