Mariamma's Homepage(インド、南アジア総合情報)
マリアンマのHP
What's New
月刊『インド通信』
『インド通信』(インド、南アジア情報月刊誌)
インド通信のHPと最新号情報
バックナンバーとホームページエッセイ
インド通信の催し物ガイド
インド通信の新刊情報(最新版)
新刊情報(バックナンバー)

Title


「インド通信」のホームページへようこそ!


Last Revised: February 3, 2018



<休刊予告のご挨拶>
 「インド通信」は、会費制の紙の誌面と、外部への活動紹介を目的として誌面 の一部を掲載するウェブ版で運営してきましたが、創刊40年にあたる2018年9月 発行の480号(10月号)で紙の誌面を終了する予定です。これまで講読会員とし てウェブ版を閲覧利用して本誌を支えてくださった皆様に、この場をもって深く お礼申し上げます。誌面終了後は当面ウェブ版を維持し、40年分の「インド通信」 について諸般のお問い合わせに対応し「催し物ガイド」は継続する予定です。本 誌の活動や休刊についてのお問合せ先は、下記にあります「入会案内・見本誌をご希望の方」をご利用ください。
 1948年1月30日、マハトマ・ガンディーは暗殺者の凶弾に倒れた。今年の1月30 日はそれから70年に当たった。インドでのガンディーの評価はそれなりに多様で あり、揺れ動いてもいる。現在の首相は、ガンディー暗殺者の属したセクトの流 れを汲む党派に属しているが、1月30日にはガンディーの記念碑(ヒンドゥーに は墓がないので荼毘に付した場所)で祈りを捧げている。ガンディーの批判者が 存在しても、ガンディーを否定する声が世の中を覆うほどに影響や賛同者が増え ることはない。

 没後70年ともなれば、幼い頃に本物のガンディーと出会った記憶を残すような 例を除けば、生前のガンディーと身近に接したとか行動を共にしたといった人物 も世の中から消えつつある。ガンディーの思想と行動を受け継ぐガンディー主義 者も、直接ガンディーを知らない世代になっている。
 それでも、ガンディーは特別に思える。
 ガンディーは今も一番知名度の高いインド人ではないだろうか。インドでの偉 人度、著名度から見ると、ガンディーに比すべき存在がいるではないかとの反論 もあるだろうが、現実には、特にインドの外ではネルーもタゴールもガンディー のようには通用しない。日本では一時期ブームになった両ボースやプーラン・デ ヴィなどがいるが、時が過ぎれば徐々に忘れられる。教科書に必ず載っているア ショーカ王やアクバル皇帝は?名前は知っているけれど、姿形が具体的に思い浮 かばない。
 そう、ガンディーは「ハゲで腰巻のお爺さん」(実際は剃っていただけかも)と いうことを皆が知っている。世間の多数派からすれば、インドはマイナーでマニ ア向けの分野なのだ。しかしガンディーは知られている。しかも、すごく変わっ ているには違いないけれど、立派な人だったらしいという敬意さえも持たれてい る。長年、学生にインドを教えている身からすると、これは凄いことなのだ…。
 ガンディーのユニークさは、姿形、行動、思想、あの時代にあって飛びぬけて いる。分析すれば様々なものの影響をうけているのだが、自ら消化しプロデュー スして、彼のオリジナルにもしている。
 「ヘン」「超変わってるよね」、でも「スッゲー」んだな。素直過ぎる学生の 言葉が、でもストンと響くのだ。



*『インド通信』は1978年創刊の、インド文化交流センターが発行する月刊の情報誌です
*B5版8ページ、毎月最終土曜日発行
*年会費¥2,000 (12部)
*情報締切りは開催前月15日、投稿は随時受付
*入会案内・見本誌をご希望の方は関口まで電子メールでご連絡ください(mariamma[@]mb.infoweb.ne.jp, "[ ]"を外して入力してください)
 月刊「インド通信」2012年2月号で通巻400号となりました。
 (400号:301号〜399号掲載原稿目次号(100円)、300号:1号〜299号掲載原稿目次号(150円)をお分けしています(郵送料別途実費)。関口までメールでお問い合わせください)


1.最新号の目次

Map

2018.2.1発行、第472号


・催し物ガイド、追加情報あり!
・新刊情報
・南アジア地誌事典 第247回 「ネパールの日常を感じたい ゲストハスから始まる朝の風景」 (山下 恭子)
#右上の地図の星印は、これまでに南アジア地誌事典で扱った主な場所
・「インド独立運動と日本の新聞報道(2) サロージニーを探して」 (津村 みゆき)

バックナンバー情報のページ

バックナンバーとホームページ・エッセイへのリンク
新刊情報バックナンバーへのリンク



2.好評連載および通信関係者のホームページ

『インド通信』の好評連載の紹介と通信関係者のホームページへのリンクはこちら。


3.インド通信関連書籍

『インド通信』から多くのインド関連本が生まれました。インドや南アジアの「今」を熱く伝えるスタッフの著作などの紹介はこちら


4.スタッフ紹介

臼田わか子(事務局、会費納入先)
 1972年から77年までカルカッタ在住。『インド通信』創設者。
松岡 環(発送部)
 日本を代表するインド映画研究家。『インド通信』創設者。ブログ「アジア映画巡礼」
小磯千尋(渉外)
 プネー大学で宗教と哲学を修める。各分野でインド文化の紹介を行う。
関口真理(編集)
 専門は南アジア近現代史。HPではアメリカのインド人、ネパール、ヒマラヤ周辺の歴史、インド人の英語文学などを紹介しています。あわせてご覧ください(関口のホームページへ)。電子メールでの連絡先は、mariamma[@]mb.infoweb.ne.jp ("[ ]"を外して入力してください)。


 # なお、『インド通信』の現物は、国会図書館、アジア経済研究所図書館、日印協会、ユネスコ・アジア文化センター・ライブラリー国際交流基金アジアセンター、アジア太平洋資料センター(PARC)[以上東京]、アジアセンター21図書館(大阪)、名古屋国際センター・ライブラリーでも閲覧することができます。