Mariamma's Homepage(インド、南アジア総合情報)
マリアンマのHP
What's New
月刊『インド通信』
『インド通信』(インド、南アジア情報月刊誌)
インド通信のHPと最新号情報
バックナンバーとホームページエッセイ
インド通信の催し物ガイド
インド通信の新刊情報(最新版)
新刊情報(バックナンバー)

Title


「インド通信」のホームページへようこそ!


Last Revised: June 3, 2018



 イギリス王室のハリー王子が、アメリカのテレビ女優であるメーガン・マーク ル嬢と結婚した。長年に渡りプライベートで問題児とされてきた王子様のこと。 二人の交際の当初から、離婚歴のある、王子より年上の、母親がアフリカ系とい う「王室の恋人」にしては非常にセンセーショナルなメーガン嬢の姿は世間に大 いに露出することになった。
 第一印象は「白人と黒人のハーフというけど、どっちかというとインド人顔だ なあ」。次に「誰かに似てないか?そうだ、ラーニー・ムケルジーだ」と思った。 試しに両者のいろいろな画像を探してみると、とてつもなく似ている写真がある。 年齢が違うので撮影時期が違う。だから現在の二人を並べてそっくり、という訳 にはいかないだろうけれど。
 ロイヤル・ウェディングには、プリヤンカー・チョープラーが招待されていた。 アメリカのテレビドラマで主役を張っている縁で、プリヤンカーはメーガン嬢と 親交があったらしい。探すと、プリヤンカーとロイヤル・カップルになる以前の メーガンのツーショット写真も存在する。プリヤンカーとラーニーの並んだ写真 となると、はるかに点数が多いだろうから、これなどもどっちがどっちだか判別 のつかないツーショット写真が見つかるかもしれない。
 実際、特にインド映画にもロイヤル・ウェディングにも関心を持たない人たち に二人の写真を見せてみると、皆「なるほど、結構似ているかも」という反応な ので、あながち的外れではないと思うのだが、インド映画ファンとは関心が結び つかないのか、そちらの方面からそんな話を聞いたことがない。

 毎日利用している鉄道の沿線風景に、黄色の玉ねぎ屋根のような塔が見える。 ビルの間にちらっと現れるだけだが、日の射す向きでは金色に見えたりする。ア ムリトサルのシク教聖地、黄金寺院の金の玉ねぎ屋根を思い出した。
 単なる建物装飾なのか、それとも何か特別な建築物か、ちょっと気になってい たら家人も「電車が〇〇駅に入る手前に黄金寺院みたいなのがない?」と言いだ した。同じ建物を見つけて同じことを思ったらしい。ネット地図から該当すると 思われる建物を発見した。ある会社の持ち物らしいが、その業種からすると「お しゃれ、かわいい」を意識した建物の装飾であるらしい。もちろん宗教施設では なかったのだ。

 同じく、電車に乗っていたら車内広告に「ジャンムー Jammu」というロゴを発 見した。ジャンムーはインド北部の都市名であり、ジャンムー・カシミール州の ジャンムーである。しかしこれは、いかにも女の子向けという風のかわいい動物 キャラクターのイラストが描かれたポスターだ。しかもジャムムと読むのだ(ジャ ムの瓶に住む子犬たち?)。調べると、東京メトロがクリエイトした「車内癒し のキャラクター」というコンセプト。現状では、グッズを売りだしたとか、イベ ントと連動しているということは無い。お疲れ帰宅の車内で可愛いキャラクター を眺めてほっこりしてね、という趣旨らしい。
 しかしJammuをジャムムではなくジャンムーと読んじゃう者には、癒されるの は難しい。ジャンムー・カシミール州は、今も30年を超えるテロと流血のコミュ ナル地域紛争の地である。つい最近も、異教徒間抗争から幼女が集団にレイプさ れ残忍に殺害されるという事件が発生、インド全土を巻き込む抗議と反発の嵐が 吹き荒れ、政権にも少なからぬダメージを与える事態の火元となった場所なのだ。
 数日後、「黄金寺院」を発見した家人が今度はご丁寧に写メした「これ、知っ てる?」といって車内広告を示した。「ジャムムだってさ。ジャンムーって読ん じゃうよね。これ、まずくない?」と言うが、緩く可愛いアニマル・キャラクター を見てジャンムーの紛争を思い描く乗客なんて滅多にいないんだろう(インド人 乗客の反応が知りたい…)。


<休刊予告のご挨拶>
 「インド通信」は、会費制の紙の誌面と、外部への活動紹介を目的として誌面 の一部を掲載するウェブ版で運営してきましたが、創刊40年にあたる2018年9月 発行の480号(10月号)で紙の誌面を終了する予定です。これまで講読会員とし てウェブ版を閲覧利用して本誌を支えてくださった皆様に、この場をもって深く お礼申し上げます。誌面終了後は当面ウェブ版を維持し、40年分の「インド通信」 について諸般のお問い合わせに対応し「催し物ガイド」は継続する予定です。本 誌の活動や休刊についてのお問合せ先は、下記にあります「入会案内・見本誌をご希望の方」をご利用ください。


*『インド通信』は1978年創刊の、インド文化交流センターが発行する月刊の情報誌です
*B5版8ページ、毎月最終土曜日発行
*年会費¥2,000 (12部)
*情報締切りは開催前月15日、投稿は随時受付
*入会案内・見本誌をご希望の方は関口まで電子メールでご連絡ください(mariamma[@]mb.infoweb.ne.jp, "[ ]"を外して入力してください)
 月刊「インド通信」2012年2月号で通巻400号となりました。
 (400号:301号〜399号掲載原稿目次号(100円)、300号:1号〜299号掲載原稿目次号(150円)をお分けしています(郵送料別途実費)。関口までメールでお問い合わせください)


1.最新号の目次

Map

2018.6.1発行、第476号


・催し物ガイド、追加情報あり
・新刊情報
・南アジア地誌事典 第251回 「インドDEハネムーンの薦め」 (岩瀬 真依)
#右上の地図の星印は、これまでに南アジア地誌事典で扱った主な場所
・「サロージニーと父アゴールナート、サロージニーとネルー」 (津村 みゆき)

バックナンバー情報のページ

バックナンバーとホームページ・エッセイへのリンク
新刊情報バックナンバーへのリンク



2.好評連載および通信関係者のホームページ

『インド通信』の好評連載の紹介と通信関係者のホームページへのリンクはこちら。


3.インド通信関連書籍

『インド通信』から多くのインド関連本が生まれました。インドや南アジアの「今」を熱く伝えるスタッフの著作などの紹介はこちら


4.スタッフ紹介

臼田わか子(事務局、会費納入先)
 1972年から77年までカルカッタ在住。『インド通信』創設者。
松岡 環(発送部)
 日本を代表するインド映画研究家。『インド通信』創設者。ブログ「アジア映画巡礼」
小磯千尋(渉外)
 プネー大学で宗教と哲学を修める。各分野でインド文化の紹介を行う。
関口真理(編集)
 専門は南アジア近現代史。HPではアメリカのインド人、ネパール、ヒマラヤ周辺の歴史、インド人の英語文学などを紹介しています。あわせてご覧ください(関口のホームページへ)。電子メールでの連絡先は、mariamma[@]mb.infoweb.ne.jp ("[ ]"を外して入力してください)。


 # なお、『インド通信』の現物は、国会図書館、アジア経済研究所図書館、日印協会、ユネスコ・アジア文化センター・ライブラリー国際交流基金アジアセンター、アジア太平洋資料センター(PARC)[以上東京]、アジアセンター21図書館(大阪)、名古屋国際センター・ライブラリーでも閲覧することができます。