Mariamma's Homepage(インド、南アジア総合情報)
マリアンマのHP
What's New
月刊『インド通信』
『インド通信』(インド、南アジア情報月刊誌)
インド通信のHPと最新号情報
バックナンバーとホームページエッセイ
インド通信の催し物ガイド
インド通信の新刊情報(最新版)
新刊情報(バックナンバー)

Title


「インド通信」のホームページへようこそ!


Last Revised: March 6, 2020



 「インド通信」の紙印刷の誌面は、1978年10月の創刊以来40年、2018年10月号 (480号)をもって終了となりました。これまでのご購読、ご支援に深くお礼申 し上げます。今後はこのウェブ版でこれまでの誌面の内容・活動・執筆者に関す る情報など、可能な範囲でお問い合わせに対応いたします。
 ウェブ版もこれまでどおり、月一回月初めの更新を基本として巻頭エッセイ・催 し情報・新着情報を継続します。催し物情報はこれまでどおり、ウェブサイト管 理者までお寄せください。


 テロ事件や死者も出した成田空港の建設反対闘争や厚木基地の飛行差し止め訴訟を見て育ったので、空港は本来人里離れた場所に建設するのが良いことなのだろうと思っていた。ところが、飛行機に乗ってあちこちの国に出かけてみると、空港の足元まで人が住んでいる場所も珍しくないことを知った。人里離れた場所なら騒音や安全性の問題は減るだろうが、空港の利便性は損なう。あれだけ難産した成田空港なのに、都心から遠くて不便というありがたくない評価が常につきまとう。都心近くに立地しながら交通渋滞やアクセスの未整備で不便な空港は結構あり、昨今は成田がそこまで不便だとも思えないのだが。

 空港の足元に広がる住宅地。そんな場所しか住めない者たちのスラムのような場所と思われがちだが、デリーなどそうとばかり言えない。到着便がデリー空港へ降下してくるルートにはこの町でも最高クラスの高級住宅地とみなされるエリアも含まれる。朝の公園では、頭上をかすめるような近さで爆音を響かせる機体の腹の下で近隣の奥様たちがせっせとウォーキングに励んでいる。
 最近私がデリーでの定宿にしている家は、さらに空港に近い。デリー市の住宅公社によってここ25年ほどの間に開発が進んだ地域で、先の高級住宅地ほどではないが、比較的若い暮らしぶりのよいミドルクラスが住んでいる。カスタマイズされた低層タウンハウスから高層のマンションまで様々なタイプの住宅コロニーが広がるが、各戸はそれぞれにお金をかけて内装をリフォームしたり、ベランダ部分を拡張して部屋を増やしたり(日本なら違法)と、中に入ってビックリのリッチな家も少なくない。

 ところがここに滞在し始めた当初は、昼夜関係なくひっきりなしに飛行機の離着陸音が続くことに驚いた。特に夜中。どうやら夜間の特別な離陸コースがあるようなのだが、何が起きたかと飛び起きるような近さの爆音で飛行機が枕元を上昇していくのだ(厚木基地の戦闘機の飛行音は経験しているが、まったく負けていないレベルだ)。
 またある時はベランダで乾いた洗濯物を取り込んでいたら、目の高さを着陸態勢に入った成田発の日本航空機が横切っていった。その日のその便には私を訪問して来た家族が乗っていたから、家の場所が判っていたら機内から私が見えたことだろう(後の日に同じ便で窓際に座ってみたら、私が立っていたベランダも洗濯物もはっきり識別できた)。

 しかし、夜中の爆離着陸音も慣れてしまうものだ。なにしろインドは、中高級住宅地でも始終うるさい。隣家の盛大な話し声、それに負けないテレビの音、その中で子供や飼い犬や使用人を叱りつける罵声、喧嘩か酔っ払いか判別できない騒ぎ、建築や修理の音(経験では朝5時から夜11時までやっていた)、何だかわからない大音量の街宣車、結婚式や何かの祭事の音楽隊、等々。さらにこのマンション区画では、夜の11時を過ぎると鋭いホイッスルを鳴らしながら夜警が廻る。この音が耳が痛く感じるタイプの音質なのだ。この区画は大通りからは遠いので絶え間ない車の騒音がないだけ「マシ」なのだが、そのかわり離着陸音が加わる。
 そして本当に驚くべきは、隣人の誰一人、こうした音について苦情を言わない、ということだ。高価なリフォームを施した室内も、どういうわけか防音には配慮されていないし、実際あまり気にかけないようだ。公団が造った元々の建物の基本構造が、壁や床が薄く、デザイン的にも密閉しにくいので、音だけでなくデリーを悩ませる砂埃や汚染大気も室内に入り込んでいる。私の「定宿」はリフォームもされておらず音も隙間風も入り放題だったが、ちもちろん私も慣れてしまって(砂埃以外に)文句はなかった。

 この地域の別のマンション群に住む友人宅で集まっていた時のこと。最近赴任して来て例の高級住宅地に住み始めた外国人が、空港の離着陸があまりに近くて驚いた(もちろん、うるさい)という話を始め、友人に、このあたりも飛行機が通るのか、と尋ねた。友人は「通るよ。お宅の方のルートの方が古いんだけど、ここいらは9年前からかな?空港が拡張されて飛行ルートが増えたんだよ。もちろん、うるさいさ」と答えた。
 そこで私が「ここからさらに降下してウチの上を通るんだよ。すんごい音!特に雲が低く垂れた日と、夜中はね!」と言うと、友人が「そうだろうね。この前、日本人の○○さんがあの部屋に泊ったんだけど、夜中に驚いて飛び起きたって」と笑う。私は慣れたので目も覚めなくなった、と言うと、「そうそう。でもさすがに最初は驚いたよ。ある日突然始まったからね。爆発か何かかと思って外に飛び出したんだよ」と大笑いした。
 すると最初の外国人が驚いて「ある日突然って、飛行ルートの住民アセスメントとか事前告知とかなかったの?」と尋ねると、友人は飄然と「いやー、そんなもんないよ。ある日突然、飛び始めたのさ」と言った。
「それでもまあ、空港が近いのはありがたいよね。混んでなければ15〜20分?デリーの反対側から来れば空港まで半日かかる、笑」、「私は国内線ターミナルまで717番市バスで往復したことある。片道15ルピー!」、「最安の空港アクセスだな、本数も多いし。国際線には使えないが」、「荷物が少なければ歩けなくもない距離かな」、「そうなのか!」いつのまにか友人と私は、お抱え運転手を持つ人たちにはおよそ縁のない路線バスの乗り方で盛り上がっていた。



*『インド通信』(印刷誌面)は1978年に創刊され2018年10月をもって休刊した、インド文化交流センターが発行した月刊の情報誌です。
*催し物情報は、どなたでもご投稿いただけます。掲載形式は本誌のフォーマットに従って調整することがあります。投稿締切りは催し開催前月の15日です。
*2018年10月号(480号)までの印刷版のバックナンバーをご希望の方は、インド通信ウェブサイト管理者・関口まで電子メールでご連絡ください(mariamma[@]mb.infoweb.ne.jp, "[ ]"を外して入力してください)


1.インド通信の情報

・催し物ガイド
・新刊情報

バックナンバーとホームページ・エッセイへのリンク
新刊情報バックナンバーへのリンク


2.インド通信関連書籍

『インド通信』から多くのインド関連本が生まれました。インドや南アジアの「今」を熱く伝えるスタッフの著作などの紹介はこちら


 # なお、『インド通信』(印刷誌面)の現物は、国会図書館、アジア経済研究所図書館[以上東京]、アジアセンター21図書館(大阪)でも閲覧することができます。