Mariamma's Homepage(インド、南アジア総合情報)
マリアンマのHP
What's New
月刊『インド通信』
『インド通信』(インド、南アジア情報月刊誌)
インド通信のHPと最新号情報
バックナンバーとホームページエッセイ
インド通信の催し物ガイド
インド通信の新刊情報(最新版)
新刊情報(バックナンバー)

Title


「インド通信」のホームページへようこそ!


Last Revised: July 8, 2019



 「インド通信」の紙印刷の誌面は、1978年10月の創刊以来40年、2018年10月号 (480号)をもって終了となりました。これまでのご購読、ご支援に深くお礼申 し上げます。今後はこのウェブ版でこれまでの誌面の内容・活動・執筆者に関す る情報など、可能な範囲でお問い合わせに対応いたします。
 ウェブ版もこれまでどおり、月一回月初めの更新を基本として巻頭エッセイ・催 し情報・新着情報を継続します。催し物情報はこれまでどおり、ウェブサイト管 理者までお寄せください。


 インドの総選挙に続いて、5月末からクリケットのワールド・カップがイング ランドとウェールズを会場に開催中。氷雨模様のイングランドの試合を日中45度 のデリーでテレビ観戦するのは、2017年のチャンピオンズ・トロフィー以来であ る。
 決勝は7月半。つまり開催期間は一か月半に及ぶ。W杯のフォーマットである ワンデーマッチ(ODI)は一試合8時間前後が必要で、通常は一日1試合。参加 10か国が予選総当たりなので会期は長くなるわけだが、この原稿を書いている時 点は予選が終わったところで、勝ち残った4チーム(インド、豪、英国、NZ) による準決勝と決勝の3試合を残すのみである。

 今回はインド、パキスタン、スリランカ、バングラデシュの無条件参加国(テ ストマッチ公認国)に加えて予選の予選を勝ち抜いたアフガニスタンが出場。 「ワールド」と称しながら10か国中、広域南アジア(SAARC加盟国)が5か 国!オリンピックなんぞに興味が向かないわけだ…
 結果的に全体最下位に終わったが、アフガニスタンの躍進ぶりには驚く。W杯 常連だったジンバブエや、出場実績のあるアイルランド、オランダ、カナダ、中 東諸国による予選の予選を勝ち抜き、本戦前のプレマッチではパキスタンに大勝 利!本戦でも強豪相手に惜敗といっていい好試合があった。長びく内戦とテロが 今も終結しているとは言い難い国情の中で、ほとんどゼロからのチーム作りがこ れだけ短期間で結果を出すとは。屈強な戦士を生む民族集団が本気でアスリート 育成に取り組めばこうなるのか?フィジカルとメンタルで、スポーツ全般に対し、 どちらかというとハンディキャップの多い我々から見るとうらやましい話だが、 戦乱で荒廃し今も混乱の続くかの国の現実を考えれば、選手の情熱や必死さはけ た違いのものがあるに違いない。

 イギリス発祥とはいっても、サッカーや他のあらゆるスポーツと競合する国々 に比べ、国際クリケット界は、有り余る人材と財力をほぼクリケットのみに注い で強化しているインド一局集中の渦に巻き込まれるばかり。英国開催だが、試合 の開始時間やインド戦の開催日など、どう考えてもインドに配慮している設定が 随所にある。インドにいれば、全試合に関して確実にライブのテレビ中継があり、 終了後のハイライト番組も何度も繰り返し放送される。英国の友人宅に転がり込 んで観戦に行こうかとも検討したが、近所の屋台を廻って焼き立てのパラーター と5杯分のチャイ(ビニール袋のお持ち帰り仕様で)と旬のマンゴー3つ買い求 め、冷房をガンガンにきかせてテレビの前に8時間の籠城。何という贅沢。
 それでも正直個人的な感想では、今回大会のインドにはそれほど凄みを感じな い。予選のインドはほとんど危ういところがないのは、相手チームの不甲斐なさ に助けられている部分が大きい(気がする)。

 ところで、今回の予選終了時での個人的ベストマッチは、試合内容ががっかり だった印パ対決の翌日に行われた、バングラデシュ対西インド諸島。先攻の西イ ンドが321ランで余裕の勝利かと思われたのをひっくり返したバングラの迫真の 追走、そして勝負強さ。バングラは負けでも試合内容の良い試合が多かった。イ ングランドの天候不順でノーゲームやコールド試合の多かったため、勝ち点では 損をしてしまったが、予選の最終版までベスト4入りの可能性を残した健闘ぶり。 2012年以降のアジア・カップの連続優勝を支えるメンバーが中堅、チームリーダー となり、そこに有望な若手が加わったチームが良く機能したことから、今後がと ても楽しみなバングラデシュなのだ。


*『インド通信』(印刷誌面)は1978年に創刊され2018年10月をもって休刊した、インド文化交流センターが発行した月刊の情報誌です。
*催し物情報は、どなたでもご投稿いただけます。掲載形式は本誌のフォーマットに従って調整することがあります。投稿締切りは催し開催前月の15日です。
*2018年10月号(480号)までの印刷版のバックナンバーをご希望の方は、インド通信ウェブサイト管理者・関口まで電子メールでご連絡ください(mariamma[@]mb.infoweb.ne.jp, "[ ]"を外して入力してください)


1.インド通信の情報

・催し物ガイド
・新刊情報

バックナンバーとホームページ・エッセイへのリンク
新刊情報バックナンバーへのリンク


2.インド通信関連書籍

『インド通信』から多くのインド関連本が生まれました。インドや南アジアの「今」を熱く伝えるスタッフの著作などの紹介はこちら


 # なお、『インド通信』(印刷誌面)の現物は、国会図書館、アジア経済研究所図書館[以上東京]、アジアセンター21図書館(大阪)でも閲覧することができます。