Mariamma's Homepage(インド、南アジア総合情報)
マリアンマのHP
What's New
月刊『インド通信』
『インド通信』(インド、南アジア情報月刊誌)
インド通信のHPと最新号情報
バックナンバーとホームページエッセイ
インド通信の催し物ガイド
インド通信の新刊情報(最新版)
新刊情報(バックナンバー)

Title


「インド通信」のホームページへようこそ!


Last Revised: November 5, 2017



<ウェブ版インド通信URL変更のお知らせ>
プロバイダの業態変更に伴い、インド通信ウェブサイトのURLが変更されました。当面の間、旧URLからから転送されますが、リンクやブックマークをしてくださっている場合にはぜひ変更をお願いします。
新URL http://indotsushin.la.coocan.jp/india.htm

 外国人に「最も日本的な風景」を挙げてもらうとしたら、間違いなく富士山や 京都の寺社あたりが多いだろう。同じことをインドについて尋ねたら、もっとダ ントツかもしれない。「タージマハル」だ。ガンジス川の聖地は対抗馬になるに 違いない。カルカッタかオールドデリーの混雑混沌の街頭を選ぶ向きもあるだろ う。しかしタージマハルは建物一つでインドが示せる。山一つの富士山と同じに、 建築物一つ、実にシンプルでしかもインパクトがある。ところが、インド自身が 「タージマハルはインドのものではない」と否定したら、どうだろう。え、マジ で?
 10月初め、タージマハルが位置するウッタル・プラデーシュ(UP)州が発行し た、州内の歴史・文化遺産を紹介する冊子にタージが掲載されていなかったのだ。 事態は即刻大いに波紋を広げた。

 UP州では今年前半に行われた州議会選挙で、中央政府の与党でもあるインド人 民党(BJP)が勝利して州政府の政権交代があり、ヒンドゥー教至上主義に支持 基盤を持つBJPの中でも極右的な人物、何しろヒンドゥー教の修行僧でもあり、 日常的にサフラン色の僧服を纏った政治家という異彩を放つアディティヤナート ・ヨギ州首相が就任して、州政に右派的なアクションを次々打ち出し何かと話題 を振りまいて来た。10月の観光冊子に先立って、「タージマハルはインドの文化 遺産ではない」と発言していた。冊子のタージはずしは、ストレートに意図的で あるとみなされた。
 これは何もヨギ州首相に始まった話ではない。ヒンドゥー極右の価値観では、 イスラム政権・支配者はインドの侵略者であり、それに関わる歴史的業績や遺産 は否定されるべき事柄で、現にUP州のBJPリーダーには「タージはインドのシミ」 とか「タージは象徴として破壊すべし」といった発言があるのだ。「インドから 略奪したもので建築した」程度のネガティブな見解は有りかもしれない。ちなみ に、UP州にはバナーラス、つまりガンジス聖地もある。タージを外しても強気で いられる理由は(極右的には)ある。

 しかし「現存する世界七不思議(七つの驚異)」にも名を連ねるタージである。 国際的常識から見ても、「インドの歴史遺産でない」云々の発言や実際の除外実 施には、BJPの中央政府も困惑してしまった。その後、ヨギや州政府は弁解発言 や別の印刷物などで取り繕いをはかったが、なおも硬右派リーダーによる「ター ジ撲滅」強気発言や、「タージは元々ヒンドゥー寺院だった」という歴史風ストー リーが創作された「フェイクニュース」の拡散も続いている。ヨギ州首相も「黙っ ていても行きたい観光客はタージに行くだろうから、州政府観光局は積極的にプ ロモートしない」として、極右支持者にも配慮した姿勢を崩していないらしい。
 マジっすか?という気分はぬぐえない。



*『インド通信』は1978年創刊の、インド文化交流センターが発行する月刊の情報誌です
*B5版8ページ、毎月最終土曜日発行
*年会費¥2,000 (12部)
*情報締切りは開催前月15日、投稿は随時受付
*入会案内・見本誌をご希望の方は関口まで電子メールでご連絡ください(mariamma[@]mb.infoweb.ne.jp, "[ ]"を外して入力してください)
 月刊「インド通信」2012年2月号で通巻400号となりました。
 (400号:301号〜399号掲載原稿目次号(100円)、300号:1号〜299号掲載原稿目次号(150円)をお分けしています(郵送料別途実費)。関口までメールでお問い合わせください)


1.最新号の目次

Map

2017.11.1発行、第469号


・催し物ガイド、追加情報あり!
・新刊情報
・南アジア地誌事典 第244回 「娘のインドデヴュー in バナーラス」 (森山 炎)
#右上の地図の星印は、これまでに南アジア地誌事典で扱った主な場所
・「インド独立運動と日本の新聞報道(1) サロージニーを探して」 (津村 みゆき)

バックナンバー情報のページ

バックナンバーとホームページ・エッセイへのリンク
新刊情報バックナンバーへのリンク



2.好評連載および通信関係者のホームページ

『インド通信』の好評連載の紹介と通信関係者のホームページへのリンクはこちら。


3.インド通信関連書籍

『インド通信』から多くのインド関連本が生まれました。インドや南アジアの「今」を熱く伝えるスタッフの著作などの紹介はこちら


4.スタッフ紹介

臼田わか子(事務局、会費納入先)
 1972年から77年までカルカッタ在住。『インド通信』創設者。
松岡 環(発送部)
 日本を代表するインド映画研究家。『インド通信』創設者。ブログ「アジア映画巡礼」
小磯千尋(渉外)
 プネー大学で宗教と哲学を修める。各分野でインド文化の紹介を行う。
関口真理(編集)
 専門は南アジア近現代史。HPではアメリカのインド人、ネパール、ヒマラヤ周辺の歴史、インド人の英語文学などを紹介しています。あわせてご覧ください(関口のホームページへ)。電子メールでの連絡先は、mariamma[@]mb.infoweb.ne.jp ("[ ]"を外して入力してください)。


 # なお、『インド通信』の現物は、国会図書館、アジア経済研究所図書館、日印協会、ユネスコ・アジア文化センター・ライブラリー国際交流基金アジアセンター、アジア太平洋資料センター(PARC)[以上東京]、アジアセンター21図書館(大阪)、名古屋国際センター・ライブラリーでも閲覧することができます。